経済

25年ありがとう JTA737-400型がラストフライト

退役するボーイング737―400の前に集まるラストフライトの乗客と関係者ら=26日、那覇空港

 日本トランスオーシャン航空(JTA、丸川潔社長)が25年にわたり使用してきたボーイング737―400型機が26日、最後の飛行を終えた。JTAの職員が企画したラストフライトイベント「Thanks―400ファイナルツアー」に一般公募で集まったファン91人や関係者が搭乗し、沖縄県内離島の遊覧飛行や記念撮影を楽しんだ。


 JTAのボーイング737―400は1994年に国内で初めて導入され、就航当初は「スカイマンタ」のキャラクターが機体にデザインされ親しまれた。16年に始まった航空機材の刷新に伴い、400型全12機がボーイング737―800型機に入れ替わった。

 最後の1機となった400型機のフライトは午後1時半に那覇空港を出発し、与那国島上空を通って南ぬ島石垣空港に着陸。帰りは宮古島、久米島上空を遊覧して那覇に到着する4時間余りのコースだった。

 機体には「スカイマンタ」のデザインも復刻。丸川社長が搭乗証明書を参加者に手渡し、同機のシートカバーで作ったランチョンマットと特別メニューの機内食が提供されるなど、社員手作りの多彩な企画で最後の乗客をもてなした。

 飛行終了後の格納庫では過去のデザインが次々と機体に映し出されるプロジェクションマッピングが上映され、涙する職員もいた。開放されたコックピットを写真に残そうと長蛇の列ができた。

 運航点検整備部の宮城善勝さんは、導入前の93年にボーイング社のある米国まで訓練に行ったことを振り返り「34年の整備士人生を同機と歩んできた。整備の神髄を学ばせてもらった」と思い出を語った。