社会

まん丸の月輝く きょう十五夜

県庁舎の後方から昇る月=12日午後6時36分、那覇市泉崎の琉球新報社から(ジャン松元撮影)

 きょう13日は旧暦8月15日の「十五夜」。12日の沖縄地方は高気圧に覆われて晴れ間が広がった。夕方、那覇市は雲が多くなったが、間を縫うように“ほぼ”まん丸の月が姿を見せた。

 12日の那覇市内では最高気温33・1度を記録。渡嘉敷村を除く全域で30度を超えた。13日も高気圧に覆われておおむね晴れ、所によりにわか雨が降る見込み。

 沖縄気象台によると、フィリピンの東にある熱帯低気圧が13日中には台風に変わるとみられ、沖縄地方に近づくコースをたどれば15日以降に影響が出てくるという。