スポーツ

巨大マグロに笑み 久米島で271キロ

体長2・4メートル、重さ271キロの大物本マグロを仕留めた饒平名智義船長=24日、午前11時ごろ、久米島町真泊港

 【久米島】久米島で24日、体長2・4メートル、重さ271キロの本マグロ(クロマグロ)が水揚げされた。儀間漁港には、大物をひと目見ようと地域の人々が集まり、にぎわった。

 釣り上げたのは久米島漁協所属「つね丸」の饒平名智義船長(59)=久米島町儀間。久米島の沖合で約3時間の格闘の末、仕留めた。
 饒平名船長は「今季初(のマグロ)が釣れてうれしい」と満面の笑みを浮かべた。本マグロのシーズンは6月末ごろまで。(盛長容子通信員)

英文へ→Captain Yohena lands the big tuna in Kumejima



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス