地域

子育て真っ最中 ノグチゲラが営巣 東村高江

ひなに餌を与えるノグチゲラの雄(左)=8日午後3時10分、東村高江の県道70号近く

 【東】愛鳥週間(10~16日)を前に東村高江で8日、国の特別天然記念物のノグチゲラが県道70号近くの森でひなを育てる様子が見られた。

営巣を見つけた環境NGO「やんばるの自然を歩む会」代表の玉城長正さん(74)=大宜味村=は開発や伐採、高江周辺の米軍北部訓練場内で進められるヘリコプター着陸帯建設による影響を危惧し、「建設や訓練が進むと営巣できなくなるかもしれない」と保護を訴えた。
 巣を作っているのはイタジイの木。早朝から親鳥が巣に餌を運び続ける姿が見られた。玉城さんは「ノグチゲラは世界的にも貴重な鳥だ。やんばるが世界遺産になるためにもきちんと守らないといけない」と語った。
英文へ→Okinawa woodpeckers raise their babies in Takae