地域

絶滅危惧種が飛来 名護市の大浦湾

<絶滅危惧種飛来>長島に渡り、魚を探すエリグロアジサシ(右下)とベニアジサシ。奥はオレンジ色のフロート=24日、名護市の大浦湾(金良孝矢撮影)

 新基地建設が計画される名護市大浦湾で24日、環境省レッドリストの絶滅危惧2類に指定されるベニアジサシとエリグロアジサシ、コアジサシが魚を探して飛び回っているのが確認された。

ベニアジサシとエリグロアジサシは、建設作業で一部消失する可能性があると市民団体が指摘している辺野古沖の長島で繁殖しているとみられる。
英文へ→Endangered birds fly on Oura Bay



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス