のんびり緩~く小旅行 国際通り周辺「マチグヮー」

  • 南部
このエントリーをはてなブックマークに追加
衣料品店や化粧品店が並び、通り中央に設置された色とりどりの傘を設けたベンチが人々の憩いの場となっているパラソル通り=那覇市牧志

 6月上旬、那覇市観光協会の「那覇まちま~い」ツアーに参加し、国際通り周辺の「マチグヮー」こと中心商店街を散策した。昭和の時代を色濃く刻む建物やアーケード、路地が入り組む一帯は迷宮のよう。中心商店街は1950年に建設された第一牧志公設市場を中心にしたエリアを指す。

 衣料品店が軒を連なるむつみ橋通り。ビル壁面にへばりつく昆虫のレプリカが目を引く。カンムリワシ、ヤンバルクイナ。電飾の上にヨナグニサンが羽を広げる場所も。季節感はおかまいなしで、思わず頬が緩む。

 


電飾の上で羽を休めるヨナグニサン。ぎょっとした表情でレプリカに見入る観光客ら=むつみ橋通り

ちとせ商店街の上に現れたヨーロッパ風の円形の明かり取り

細長い廊下に、昭和時代の雰囲気を刻む店が並ぶ「水上店舗」2階

■映画のセット?

 市場本通りと市場中央通りに並行して連なるのが「水上店舗」。下を流れるガーブ川にふたをするように建設された。かつてガーブ川は大雨のたびに氾濫し、商店街は甚大な被害を被った。1960年代前半の大改修工事に伴って、ガーブ川は排水溝になり「水上店舗」が造られた。通常コースにないが、この日は店舗の2階を見学。緩やかに曲がった廊下に、木製の窓枠を配した小さな店が連なり、映画のセットのよう。雑貨店、占いの店が入居。「店主は若いアーティストが多い」とガイドの石井周(めぐる)さん。アクセサリー店を開店予定のむらやままゆみさんは「時が止まったような昭和っぽい雰囲気が気に入った」とほほ笑む。

 


山積みになった衣類。気分は宝探し

ニューパラダイス通りから脇道に一歩入った住宅街に残る墓

■昭和の風景

 えびす通りは木製のアーケードが昭和の記憶を刻む。大型傘が涼を演出するパラソル通り。化粧品店の前にはビニール製ののれんがゆらめき、向こうで千円のエステを受ける女性の姿も。「ちとせ商店街」は店舗上に四つのアパート群がある。ヨーロッパの天窓のような円形の明かり取りがあり、造形の美しさに息をのむ。最近、昼間から開いている居酒屋が増え、活気づいている。休日、「ちょい飲み」を楽しむ県民も多いという。

 ほどほどの緩さ加減が心地いい。日々追われる生活から解放されたい時、小旅行で訪れたいのがマチグヮーだ。

………………………………………………………………

 県内各地で昔ながらの街並みや自然豊かな集落などを訪ね歩く「まちまーい」が盛んだ。ガイドツアーも年々増加。ひと味違う風景を探しに、車を置いて街に繰り出してみよう。

文・高江洲洋子
写真・諸見里真利

 

◆24の足形、人気 日本一短い「八軒通り」

 マチグヮーの中でも、ユニークな場所が「八軒通り」。通りは全長17.8メートルで、日本一短い商店街といわれている。通りには24の足形が描かれている。大人の歩幅なら24歩ぐらいで通りを歩けると想定し、描いた。

 足形は以前、通りでリサイクル店を営んでいた店主の発案で、工芸店を開く石原昌一郎さん(38)ら店主5人が中心になって製作した。石原さんは、足形のそばにピンクや青色のイルカの図柄もほどこした。楽しげな雰囲気に、じっと見入る来訪者や、足形に沿って、大股で歩く子どもたちのほほ笑ましい姿も。

 最近、テレビ番組で取り上げられたこともあり、足形を撮影しようと来訪者が増えている。石原さんは「季節に合わせて図柄を変えている。通りの雰囲気が明るくなった」と誇らしげに話した。

 


24の足形を示して来訪を呼び掛ける八軒通り商店街の店主ら

【てくてくガイド】

 那覇市観光協会は、市内を歩いて楽しむ企画「那覇ガイドと歩くまちま~い」を催している。6~8月は中心商店街を散策するコースや映画館痕跡めぐりなど25コースと盛りだくさん。申し込み問い合わせは(電話)098(860)5780か「那覇まちま~い」で検索。

(2016年6月14日 琉球新報掲載)



国際通り周辺「マチグヮー」マップ

国際通り周辺「マチグヮー」マップ



前の記事琉球薬膳フランス料理 KIMIS...
次の記事【募集】夏休みは遊び学ぼう! 「...