テーマは「美容室と畑とヨガ」(1) 沖縄で古民家再生 コザの裏側 夫婦で始めたDIYストーリー

  • 沖縄県全体
このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンスは突然やってきた



これが私、小谷です

 こんにちはー。沖縄市で美容師をしている小谷です。

 普段はサーフィン、ヨガ、ほんのちょっと畑をしながら、
頭の中は何か面白そうなわくわくする事を考えたり、
楽しい事を仕掛けたりする事が好きな私。ヘビ歳の39歳。

 実は子供の時からちょっとした夢があって

 それは私のじいちゃんばあちゃんの家の近くに

 昔ながらのどこにでもあるうちなー瓦屋根の古民家があって、なぜかこの古民家の雰囲気が心地よくて

 見るたびに、でーじワクワクしてる自分がいて。


こんな感じの昔ながらの家

 子供ながらに「いいなぁこんな家で、お店(マチャーグワァ)でもしたいやっさあ!」と、この古民家の前を通るたびに妄想してたんです。

 あの妄想時代から30年…気持ちは変わりません。

 先程ご紹介させてもらいましたが、私、ほんのちょっと畑をしているんです。

 トマトにナス、玉ねぎなど育てています。 畑を始めたキッカケは美容室のお客さん。

 「ファスティング後の野菜が最高に美味しいのよ!」という話を、最高な笑顔で話してくれるので (そんなにか~?) と思い、私も試してみました。

 それは確かでした!超美味しい!! 野菜がこんなにも美味しいと思ったのは初めてです。
(Nさんこの情報ありがとうございます)

 この感動を体験したのち、今度はその最高に美味しい野菜を自分の手で育ててみたくなり、親戚の畑を借り、愛情いっぱい農作業をしている次第です。


これが私の畑

 で、何故、畑の話をしたかというと…

 畑作業を無心になってやっていて、良い疲労感で3時じゃー♪

 のんびり周りを見渡すと、この畑の隣に魅力的な古民家が建ってるんです!

 子供の頃から憧れていた古民家が、目の前にあるんです!

 ふと!ある思いが涌き出てきた

 それはこの古民家で
 畑見ながら美容室とか
 ヨガができる空間を造ったら

めっちゃ最高に楽しそうかもって

 そこから一気に楽しくなってきてきっと自分がこの古民家でやる運命になるやろなぁって

 ワクワクしながら根拠のない自信があったのを覚えています。

 それから時間だけは過ぎていき、約1年半たった今年の夏の終わり

奇跡が起きました!!

 その古民家が空き家になり、借りられることになったんです!!


これが目の前に現れた古民家

 「よっしゃー!時代が来たー!」

 まるでチャンスがポーンと空から降ってきたみたいでした。

 喜びのダンス踊っちゃいました♪

 このチャンス逃してはいけない、やってみようと思ったんです。

 沖縄の古民家の味わいを残しながら、畑と縁側をロケーションに髪を切りながら、畑もヨガも体験できる

 テーマは「美容室と畑とヨガ」という空間を目指し、妻と一緒に出来る限り自分達の力で、この古民家を再生させていきたいと思います。


妻と一緒に、できる限り自分たちの力で、この小さな古民家を再生させていきます

 古民家再生した後は、地域の方と繋がって、地域もより元気にできる店になれたらいいな。

 今後、私の夢実現への道のりをアップしていきたいと思います。

 勢いだけの私達の様子が気になる方は、琉球新報Styleをちょくちょく覗いてみてくださいね♪

~ プロフィル ~


小谷 良樹(こたに・よしき)
1977年10月生まれ

職業:髪楽家(美容師) 髪を楽しもう、ていう感じな意味で

趣味:ごきげんにサーフィンする、呼吸を、メインにしたゆっくりするヨガ、畑いじり&観葉植物いじり
最近特にハマってるのがバックパックにTシャツ1枚と、サーフパンツだけ入れて、観光はしないで何もしないで、ただゆっくり過ごすアジアの旅。これが最高にいい!

好きな食べ物:米(味つけしないでシンプルに玄米、白米、お粥)

嫌いな食べ物:梅干が苦手で。食わず嫌い

好きなジャンルは「民謡でチューウガナビラ」とか。カチャーシーは特に得意。映画は「男はつらいよ」寅さんがめっちゃ好き

朝起きたらまず、白湯飲みながら新聞読むのが日課で、特に白湯は仕事の時とか常に飲んでる

将来の美容室の名前は畑が、ある美容室だから
【h@ruu】(ハルー)
沖縄の方言で畑の意味 実は名前だけは前から決めてました



前の記事シリコンバレーの弁護士が語る 沖...
次の記事笑顔って大事だよぉ☆ タレント・...