甘い言葉にご用心!SNSでのスカウトに気を付けよう モバプリの知っ得![67]

  • 沖縄県全体
このエントリーをはてなブックマークに追加

この連載では、スマートフォンやインターネットを使う上で気をつけたい点を紹介していますが、今回は私の友人が巻き込まれたトラブルをお伝えします。

音楽活動をしている友人は、SNSを通じて「スカウト」されました。
甘い言葉につられ専属契約をすると、相手の態度が豹変。
恐る恐る相手の名前をネットで調べてみると、昨年恐喝で逮捕されていた事が発覚…。

背筋が寒くなる、怖い話のような展開になりましたが、こうしたトラブルは音楽活動に限らず、モデル・役者・お笑い芸人・パフォーマーなど様々な職業を目指す人が巻き込まれる可能性があります。

SNSは非常に便利で、有意義な出会いもある一方、トラブルや望まない出会いも発生することもあります。

こうした事例を知ることで、今後似たようなトラブルを防ぐことができるかもしれません。



専属契約からの「アポ業務」


イラスト・小谷茶(こたにてぃー)

音楽活動をしている友人は、活動の幅を広げていきたいと思っていました。

そうした中「ライブに出てみませんか」とSNSで知らない人から誘いをうけました。
調べてみると、そのライブには多くのお客さんが集まり、出演するアーティストも(名前こそ知らないものの)SNSのフォロワーも多く、人気があるように思えました。

ライブの主催者は有名アーティストとも交流があるといい、熱い言葉をどんどん投げかけては「夢の実現」に向けた言葉を語りかけます。

信用してライブに出演すると、アーティストとして所属することを提案されました。
契約金は数十万円で(アーティストが支払う)、契約書には様々な指示が細かく書かれています。

アーティストとして成功するために、契約金を払ってでも友人は契約をしてしまいました。
最初の方こそ音楽的なアドバイスがありましたが、徐々に「アポ業務」と称した勧誘の指示がメールで送られてきます。

アポ業務とは、Twitterのアカウントを複数作成し、私の友人が誘われたように音楽活動をしている人に「ライブに出てみませんか」と声をかける作業です。

別人の名前・別人の写真を適当に使い、Twitterのフォロワーを買うように指示されます。
フォロワーを購入し、あたかも影響力がある人のようにふるまい、それで勧誘するわけです。

「これがアーティスト活動の成功へと繋がるのか…?」と半信半疑ながらも、指示のメールは続々と届きます。

こうしたアポ業務などの指示に従わない場合は、同時送信メールにて「○○さんのやる気が感じられません。」と晒された上、電話で叱責されます。

やり方に疑問を感じても汚い言葉で罵倒され、契約書をたてに「弁護士をたてて訴訟します」と脅しをかける。

こうして疑問を感じながらも、ズルズルと音楽活動とは関係のない「アポ業務」をさせられるのでした。

警察や消費者センターへ相談しよう

私の友人が主催者の男性の名前でネット検索をすると、昨年12月に恐喝容疑で逮捕されていた新聞の報道記事が出てきました。

逮捕容疑は“自分が斡旋した芸能人養成セミナーを辞めようとした知人女性を「殺す」と脅した”というものでした。

ネットから出てくる情報が全て正しいとは限らないものの、逮捕された報道が新聞にて報じられているので信憑性は高いでしょう。

また一度逮捕されていても、人は更生して変わることができます。
なので「逮捕されたことがある=危険な人」と判断するのは早計です。

しかしながら今回は、私の友人に起きた事と、報道の詳細があまりにも似ています。
友人は現在、警察署や消費者センターに連絡をし、解決に向けて動いています。

今回の件で学びは以下の3つです。
 

  1. SNSでの甘い誘惑を疑う
  2. 誘いがあった場合はその人について調べる
  3. トラブルになる前に、警察や消費者センターなどに相談する

前述したように、このノウハウはミュージシャンだけにとどまらず、他の職業や「夢」に置き換えられる可能性があります。

色々な出会いがあるSNSだからこそ、警戒心を常にもっておきたいですね。




 琉球新報が毎週日曜日に発行している小中学生新聞「りゅうPON!」8月12日付けでも同じテーマを子ども向けに書いています。

 親子でりゅうPON!と琉球新報style、2つ合わせて、ネット・スマホとの付き合い方を考えるきっかけになればうれしいです。



【プロフィル】

 モバイルプリンス / 島袋コウ 沖縄を中心に、ライター・講師・ラジオパーソナリティーとして活動中。特定メーカーにとらわれることなく、スマートフォンやデジタルガジェットを愛用する。親しみやすいキャラクターと分かりやすい説明で、幅広い世代へと情報を伝える。

http://smartphoneokoku.net/

 



「モバイルプリンスの知っとくto得トーク」はこちら

 



前の記事全国へ挑む「バーガー沖縄代表」B...
次の記事2世タレントのCMギャラ 安藤サ...