社会

発がん性物質、基地外に流出 消火剤噴霧、通告せず 嘉手納

 昨年5月に米軍嘉手納基地の航空機格納庫で酒に酔った海兵隊員が悪ふざけして泡状の消火剤を噴霧するスイッチを入れ、消火剤が基地外の民間地まで流出していたことが分かった。米軍が当初無害と判断した消火剤はその後、発がん性物質を含むことが分かったが、日本側に通告していなかった。ジャーナリストのジョン・ミッチェル氏が米政府への情報公開請求で記録を入手した。

 事故は5月23日午前1時45分ごろに発生した。記録によると、米軍が民間地への流出を日本側に通報しなかったのは、夜間に起きたことのほか、雨で「泡は朝までに消散し、衆目に触れる可能性は非常に低かった」ためだとしている。
 流出した消火剤は「ジェットX2・75%」で、1500リットル以上。米政府の基準で有害とされ、がんや神経・生殖障害を引き起こす物質を含む。だが在日米軍基地に適用される「日米環境管理基準(JEGS)」で有毒な化学物質に含まれておらず、米側は有毒だと判明した後も地元に通報しなかったという。入手資料によると同基地では過去15年で計2万1千リットルの消化剤が事故で流出している。



琉球新報