社会

係争委決定取り消し訴訟 高裁那覇支部、29日結審提案

係争委却下決定取り消し訴訟の第1回口頭弁論が開かれた福岡高等裁判所那覇支部第201号法廷=15日午後1時15分、沖縄県那覇市樋川(代表撮影)

 米軍普天間飛行場移設に伴う名護市辺野古の埋め立てをめぐり、国地方係争処理委員会(係争委)による県の申し出の却下決定の取り消しを求めて、県が国を相手に提起した訴訟の第1回口頭弁論が、15日午後、福岡高裁那覇支部(多見谷寿郎裁判長)であった。県は国土交通相による執行停止を違法と主張。国は、訴えを不適法などとして県の請求を退けるよう求めた。

 多見谷裁判長は次回期日を2月29日に指定し、29日に結審する案を示した。
  県による名護市辺野古の埋め立て承認取り消しをめぐっては、国土交通相が執行停止を決定。これを受け、県は係争委に対し、国交相による執行停止決定について不服を申し出た。しかし、係争委が申し出を却下したことで、県はこの決定を不服とし、取り消しを求め、国を相手に今月、新たに訴訟を提起した。
【琉球新報電子版】