政治

中谷元防衛相、稲嶺市長と会談 市長、辺野古移設反対訴え

会談する中谷元・防衛相(左)と稲嶺進名護市長=26日午後、名護市のオキナワマリオットリゾート&スパ

 【名護】中谷元・防衛相は26日夕、米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設をめぐる国と県の代執行訴訟の和解後初めて名護市の稲嶺進市長を訪ね、辺野古移設への理解を求めた。名護市内のホテルでの会談に臨んだ稲嶺市長は「(普天間飛行場の)危険性は辺野古に来ても変わらない」と移設反対をあらためて訴えた。

 会談後、中谷氏は記者団に対し、名護市が指摘していた米軍演習場周辺の防音補助について、現在補助を実施している県外地域での補助対象の理由を説明した上で「(名護市においても)検討してみる必要がある」との見解を示した。
 会談は冒頭5分が公開された。
 中谷氏は冒頭で、国と県との代執行訴訟が和解に至った経緯を説明。「直接地元のみなさんと膝と膝を交えて話したい」と会談の目的を話し、辺野古移設に理解を求めた。一方、稲嶺市長は「辺野古に新基地は駄目だということで市民の付託を受けている。名護市の自立のためにも自然を生かした街づくりをしたい」と述べ、新基地建設に反対する姿勢をあらためて示した。
 中谷氏は稲嶺市長との面談に先立ち、移設先である辺野古周辺の久辺3区の区長らとも会談した。
【琉球新報電子版】