社会

新基地反対集会に3500人超 名護市辺野古 知事が埋め立て承認の撤回明言

基地に向かい、拳を突き上げる人たち=25日午後12時11分、名護市辺野古のキャンプ・シュワブゲート前

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設に伴う新基地建設計画に反対する「違法な埋め立て工事の即時中止・辺野古新基地建設断念を求める県民集会」(辺野古に新基地を造らせないオール沖縄会議主催)が25日、米軍キャンプ・シュワブゲート前で開かれ、主催者発表で3500人超が参加した。

 

 出席した翁長雄志知事は新基地建設に必要な辺野古沖の埋め立て承認について「撤回を力強く、必ずやる」と述べ、埋め立て承認の撤回を初めて明言した。翁長知事が辺野古での市民集会に参加するのは就任以来初めて。【琉球新報電子版】

英文へ→More than 3,500 protest new base in Henoko, governor announces intention to revoke land reclamation approval