政治

辺野古移設阻止で連携確認 翁長知事と稲嶺市長が会談

米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設阻止について意見交換する稲嶺進名護市長(左)と翁長雄志知事=19日午前、県庁

 名護市の稲嶺進市長と翁長雄志知事は19日午前、県庁で会談し、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設の阻止に向けて協力して取り組んでいくことを確認した。稲嶺市長によると、翁長知事が訪米して米政府関係者に移設反対の民意を伝える際は同行したいとの意向も伝えたという。

 会談後、翁長知事は報道陣に対し「辺野古新基地を造らせないということで、名護市がこれまで取り組んで来た経緯や課題を聞いた。目的は一緒なので、互いに責任を果たそうと伝えた」と語った。
 稲嶺市長は、県が埋め立て承認を検証することについて「名護市が資料収集や弁護士との学習会で積み上げてきたものがあるので、必要であれば県にも提供したい」と述べ、連携して取り組む考えを示した。会談は冒頭以外非公開で行われた。【琉球新報電子版】



琉球新報