社会

大浦湾の自然再確認 チームレインボー初潜り

ダイビングチームレインボーの初潜りで確認されるミドリイシのテーブルサンゴなど=10日午後2時30分、名護市大浦湾の「チリビシ」(金良孝矢撮影)

 ダイビングチームレインボー(牧志治代表)は10日、新基地建設が予定されている名護市の大浦湾で初潜りを実施し、豊かなサンゴや生き物を見て新基地建設に反対する気持ちを新たにした。湾内のポイント「チリビシ」では1998年のエルニーニョ現象で全滅に近かったミドリイシのテーブルサンゴが回復し、辺り一面に広がっていた。

 ダイビングチームすなっくスナフキンの西平伸代表=名護市瀬嵩=は「チリビシのミドリイシは回復と白化を繰り返していたが、復活して良い状態だ」と話した。牧志代表は「初潜りで豊かな海を確認し、守り通さないといけないと感じた」と決意を込めた。