社会

ぽかぽか陽気 新芽きらきら 福地ダム、新緑の季節間近

色鮮やかな木々の新緑に覆われたやんばるの山=8日午後、東村の福地ダム(諸見里真利撮影)

 春の訪れを感じさせる新緑が本島北部で芽吹いている。高気圧に覆われて晴れ間が広がった8日、東村の福地ダムで春の柔らかい光を浴びた新芽が輝き、訪れる人々の目を楽しませている。

 福地ダムの自然観察船「ゴンミキ号」に乗船した當山弘子さん(94)=今帰仁村=は「この年になってこんな体験ができてとっても幸せ。夢みたい」、黒島奈江子さん(93)=同村=は「広大な自然が広がっていて、とてもいい気持ち」と笑顔で話した。
 ゴンミキ号船長の高越史明さん(65)は「これから4月にかけて新緑のシーズンを迎えるので多くの人に見に来てほしい」と呼び掛けた。