芸能・文化

「がんネタ」に検診訴え まーちゃん、復帰会見

喉頭がんを克服、芸人復帰を報告する小波津正光さん=2日、浦添市のエフエム沖縄

 喉頭がんの治療のため、ことし8月から活動を休止していたお笑い芸人の「まーちゃん」こと小波津正光さん(41)が1日、浦添市のエフエム沖縄でがん克服の報告とお笑い芸人復帰の発表会見を開いた。小波津さんは「第二のお笑い芸人人生のスタートにしたい」と意気込みを語った。

 会見では入院生活中の体験を、笑いを交えながら報告した。「自分ががんだった経験をネタにすることで、がんに興味や親近感を持ってもらいたい」と話した。「自分で若いと思っていてもどこかがたが来ている。少しでも疲れなどがあれば、早期に検診を受けて」とがん検診の大切さを呼び掛けた。
 復帰公演が15日午後5時から浦添市の国立劇場おきなわである。