地域

ヤンバルクイナに恋の季節

交尾するヤンバルクイナのつがい=5日午前6時50分すぎ、沖縄県国頭村(山城博明さん撮影)

 【国頭】沖縄県国頭村の農道で5日午前6時55分ごろ、ヤンバルクイナの仲むつまじいつがいの姿を写真家の山城博明さん(66)=南風原町=が撮影した。
 雌のクイナが毛繕いをしていると、すかさず急接近した雄が雌の上に乗り、羽を膨らませて求愛行動を始めた。その後は互いに毛繕いし合うなど、ほほ笑ましい場面が見られた。

 環境省やんばる野生生物保護センターによると、ヤンバルクイナは4~8月が繁殖時期。一方でクイナの事故件数は増加傾向にあり、今年は車にひかれる事故が10件発生、9羽が死んだ。
 センターの山本以智人(いちと)自然保護官は「餌を探して出てくる早朝と、夕方の事故発生が多い。速度を上げず、気を付けて運転してほしい」と呼び掛けている。










  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス