地域

丹精込めた215点 沖縄・浦添 新報蘭フェス開幕

色彩豊かなランが並ぶ第36回新報蘭フェスティバル=8日、浦添市城間のメイクマン浦添本店

 第36回新報蘭フェスティバル(主催・琉球新報社、特別協賛・沖縄銀行、特別協力・メイクマン)が8日、沖縄県浦添市城間のメイクマン浦添本店で開幕した。11日まで。金賞などの入賞作品17点を含め、県内の愛好家52人が丹精込めて栽培したカトレアやデンドロビウム、コチョウランなど215点のランを展示している。10日午後2時と11日午後1時にはランの栽培教室も開く。受講無料で、先着20人限定で参加できる。

 8日、同店で開幕式典が行われた。主催者を代表し、琉球新報社の糸数淳常務は「どれも素晴らしい作品。色鮮やかなランを楽しんでほしい」とあいさつした。喜納昌久審査委員長は「215点の出品は今までで一番多い」と強調し、来場を呼び掛けた。

 来場者は、紫や赤、黄など多彩な色や香りのランを鑑賞していた。金賞(琉球新報社長賞)を受賞し、テープカットにも参加した福地恒夫さん(80)=那覇市=は「それぞれの花に色、形など表情がある。じっくりご覧になってほしい」と語った。