地域

渋滞緩和、東海岸活性化に期待! 南風原バイパスの新区間が開通 宮平―新川の1・2キロ、今後4車線へ

南風原町宮平から町新川までの区間で開通した国道329号南風原バイパス=21日、南風原町宮平(小型無人機で撮影)

 沖縄県の国道329号南風原バイパスで南風原町宮平から町新川までの1・2キロ区間が21日、開通した。今回は片側一方通行の2車線が暫定的に開通し、今後4車線での開通を目指し整備が進められる。

 今回開通したのは、イオン南風原店周辺から南部医療センター・こども医療センター周辺までの2車線。一部仮設だが、歩道も整備され歩行者も通行できる。

 南風原バイパスは国道329号の交通渋滞緩和や中南部東海岸地域の活性化、救急医療活動の支援などを目的に整備されてきた。

 開通式で、沖縄総合事務局の小口浩次長は「国道329号からの交通転換が促され、道路渋滞の緩和になる」と期待を寄せた。赤嶺正之南風原町長は「渋滞解消だけでなく地域の産業振興など地域の発展につながる」と述べた。

 南風原バイパスは全長2・8キロで、真地から新川南までの0・5キロはすでに4車線が開通済み。21日に開通した1・2キロを含む側道部は1・5キロとなった。