政治

玉城知事「自作自演で公正さ欠く」 辺野古提訴で国交相採決を批判

福岡高裁那覇支部への提訴について記者会見する玉城デニー知事(右から2人目)ら=17日夕、那覇市の県庁

 米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に伴う埋め立て承認の撤回処分を巡り、国土交通相が県の承認撤回を取り消した決定を不服として提訴したことについて玉城デニー知事は17日、県庁で記者会見した。玉城知事は「国土交通相の裁決は、あたかも選手と審判を同じ人物が兼ねているようなもので、まさしく自作自演、結論ありきで公正さを欠いていると言わざるを得ない」と厳しく批判した。

 対話による辺野古新基地建設問題の解決を求めている中、訴訟の提起によって政府との対話が難しくなるのではないかとの質問に対し、玉城知事は「沖縄の基地負担の軽減は(政府と県が)連携し解決すべきであるということに政府も異論はないだろうと思っている」との考えを示した。

 その上で「対話による解決の必要性、重要性は繰り返し述べている通りで、それはこれからも変わることはない」と強調した。軟弱地盤の改良工事に伴う環境影響への懸念など辺野古埋め立て工事の問題点を国内外に発信し、多くの人に知ってもらう取り組みも進めたいとの考えも示した。