社会

靴卸業者入る2階建て建物から出火 豊見城市与根 黒煙が噴き上がり、消火活動続く けが人なく

靴卸業者の事務所が入る建物から出火し、消火作業を行う消防隊員=19日午前、豊見城市与根

 19日午前6時59分ごろ、豊見城市与根の靴卸業者の事務所兼倉庫が入居する2階建ての建物から出火した。午前9時現在、豊見城市消防本部や那覇市消防局が出動し、消火活動を続けている。けが人はいない。出火原因は不明。建物からは黒煙が延々と噴き上がっていて、現場周辺は交通規制が敷かれている。

 建物の持ち主の男性によると、建物の大部分は靴卸業者に貸しているが、1階の一部は男性が不動産事務所として使用しているという。男性は出火元について「自分の事務所で昨日の18時ごろに古い電子レンジを使った。レンジが自動で消えずに、そのまま熱を持って発火した」と語った。

 靴卸業者の代表の男性は「言葉にならない。客に迷惑を掛けることになって申し訳ない」とぼうぜんとした様子で話した。【琉球新報電子版】




関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス