スポーツ

圧巻!空手家1000人が沖縄の青い海をバックに平和の演武

33カ国・地域から集まり、平和への願いを込め一斉に奉納演武を披露する劉衛流の空手家たち=20日、恩納海浜公園ナビービーチ(田中芳撮影)

 【恩納】空手の劉衛(りゅうえい)流龍鳳会(佐久本嗣男会長)は20日、沖縄県恩納村の恩納海浜公園で「国際平和記念奉納演武」を開いた。県内外や国外から集まった約千人の空手家が「エイヤー」の掛け声を上げて一斉に演武し、恒久平和を願った。

 一斉演武には県外やスペイン、イタリア、香港など海外の33の国と地域から劉衛流会員や空手愛好家が参加した。世界選手権3連覇中の喜友名諒さんら同派の高弟によるサイや鎌、棒の古武道演武も披露された。

 団体形(アーナン)を演武した大阪市の日比裕太さん(17)は「喜友名さんや世界各国の代表選手と演武できて光栄だ。砂の上での演武も新鮮だった」と話した。

 神奈川県から家族で観光に訪れた矢村一輝さん(37)は「迫力があって興奮した。たまたま訪れた先で素晴らしいものを見せてもらった。いい記念になった」と笑顔を見せた。

 奉納演武は劉衛流宗家の仲井間憲里生誕200年記念事業の一環。21~23日までは那覇市の県立武道館で「国際交流空手・古武道セミナー」も開かれる。