社会

一足早くクリスマス 福祉施設にケーキ、県洋菓子協が寄贈へ

 県洋菓子協会(下地玄旬会長)は4日、歳末たすけあい運動の一環として、県社会福祉協議会を通じて県内福祉施設に贈るクリスマスケーキ260個を作った。

 那覇市の沖縄製粉サービスセンターに集まった菓子職人や学生会員ら約40人が、ふわふわのケーキにバタークリームやチョコレートで飾り付けをした。
 下地会長は「ケーキを囲み、一足早い心温まるクリスマスを迎えてもらいたい」と話した。ケーキは5日、県社協に寄贈する。
英文へ→Early Christmas presents for welfare institutions in Okinawa




関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス