社会

首里城「美御水の奉納祭」

 国頭村辺戸区の大川と浦添市沢岻の樋川で取水した「若水」を首里王府に献上する伝統行事「美御水(ヌービー)の奉納祭」(首里当蔵町自治会主催)が22日、首里城で行われた。

 住民ら約40人が王府の役人や祝女、女官の衣装に身を包み、首里公民館から首里城まで練り歩いた。首里城では、役人が高級女神官の阿母志良礼(あむしられ)に若水を献上し、五穀豊穣(ほうじょう)を願った。
 阿母志良礼を務めた船越節子さん(75)は「来年も県民にとって元気で豊かな年になるよう願いを込めた」と笑顔で話した。
英文へ→Dedicatory ceremony held at Shuri Castle




関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス