政治

「重い責任感じる」 赤嶺、仲里氏らに当選証書 衆院選沖縄選挙区

 14日に投開票された衆院選の沖縄4小選挙区の当選者に対する当選証書付与式が17日午前、那覇市の市町村自治会館で行われ、1区の赤嶺政賢(共産)、4区の仲里利信(無所属)の両氏が県選挙管理委員会の当山尚幸委員長から当選証書を受け取った。2区の照屋寛徳(社民)、3区の玉城デニー(生活)の両氏は党務などで上京しており、代理が出席した。

 赤嶺氏は「ずしりと重い責任を感じている。普天間飛行場を動かし、辺野古新基地も止めることを国民世論にするため頑張る」と抱負を述べた。初当選を果たした仲里氏は「感無量であると同時に職責の重さに緊張している。無所属としてフリーの立場で県民の思いを堂々と伝えることに徹する」と話した。
 当山委員長は「140万県民の負託に応えるべく、十分に職責を全うしてほしい」と激励した。
【琉球新報電子版】










  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス