政治

知事、官房長官発言に反発 「理解できない」「合点がいかない」 

埋め立て承認を取り消した場合でも政府が移設工事を進める考えであることについて「理解できない」と批判する翁長知事=26日午後5時20分ごろ、県庁

 菅義偉官房長官が米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の埋め立て承認を翁長雄志知事が取り消した場合でも移設工事を進める考えを示したことについて、翁長知事は26日午後、県庁で記者団の取材に応じ「取り消してもそのまま進めるというのは私からすると理解できない。合点がいかない」と反論し、承認の取り消しも視野に、辺野古移設阻止に向けた方策を引き続き検討していく姿勢を強調した。

 翁長知事は「県民の安全や環境を守るためにいろんな形で(知事権限の行使は)やることができる。それをやるときに全て押しのけ、民意を一顧だにせず、立ち止まらず続けるのは、民主主義や国の在り方からしていかがなものか」と批判し「県としてしっかり対応していきたい」と述べた。
 菅氏が「辺野古移設を断念することは普天間飛行場の固定化を容認することにほかならない」と言及したことについては「(政府は)県民の理解を得ると言っているが、配慮のないまま進めることが如実に表れた」と反発し、辺野古移設に固執する政府の姿勢に反発した。【琉球新報電子版】




関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス