政治

知事、あす菅氏と会談 辺野古移設めぐり協議

 翁長雄志知事は4日夕、安慶田光男副知事と上京し、菅義偉官房長官と会談する。知事と菅氏の会談は4月以来、2度目。2日夜、県庁で記者団に発表した。翁長知事によると、米軍普天間飛行場の辺野古移設をめぐる主張で平行線が続く中、「いつまでも膠着(こうちゃく)状態ではいけない」として、今後協議の場を設けることで一致した。

知事は会談について「初回は角を突き合わせるのではなく、基地抜きの話をする。基地は2回目以降だ」と述べた。一方、名護市辺野古の新基地建設を認めないとの自身の立場に変わりはないと表明した。
 翁長知事によると、4日は非公式の夕食会を開く方向で調整している。知事は普天間問題をめぐる立場は「完全に平行線」だとした上で、「交わることがあるかは厳しいものもあるが、県内でも全国的にも、話し合いは必要じゃないかという空気は強く感じている」と述べた。