社会

通信ケーブル切断は人為的な要因か 石垣、竹富の通信障害 NTT西日本が報告 28日に破損した竹富―与那国間

 台風18号などの影響で、石垣市と竹富町の全域で9月30日から10月1日にかけて通信回線が使えなくなった問題で、総務省は2日、琉球新報社の取材に対し、9月28日に断線した与那国町と竹富町を結ぶ回線が切断した原因について「NTT西日本から『人為的な要因で通信ケーブルが切れた可能性がある』との報告を受けた」と明らかにした。

 NTT西日本沖縄支店は「詳しい原因は調査中」とした上で、「人為的」の意味合いについて「故意にではなく、工事などの際に誤って切断した可能性などが考えられる」と説明した。

 石垣市と竹富町で通信回線が使えなくなったのは、台風18号の影響で9月30日に石垣市と宮古島市を結ぶ通信回線が破損したことに加え、同月28日に竹富町と与那国町をつなぐ通信回線が切れていたことが原因。

 竹富町と与那国町をつなぐ通信回線が切れた原因について、9月30日に先島地方に接近した台風18号は28日の段階では同地方から離れた位置にあり、台風の影響の可能性は低いという。

 ケーブルは人が触ったり引っ張ったりした程度では切れない強度がある。「誰かが故意に切った可能性も低いと思われる」と話した。









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス