社会

名護市嘉陽の国道331号、通行止め

 【名護】17日未明から降った大雨の影響で土砂災害が発生する恐れがあるため、北部土木事務所は同日午前9時ごろから、名護市嘉陽の国道331号を通行止めにしている。大雨・洪水警報の発令を受けての対応で、解除の見通しは立っていない。

 現場は今年8月2日に土砂崩れが起き、全面通行止めになっていた。県が復旧作業を進め、8月31日から片側交互通行で通行を再開していた。【琉球新報電子版】



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス