社会

台風20号:大東島、あす未明から暴風 暴風警報発表、最大瞬間風速35メートル予測 本島は強い風 21号は25日に関東地方接近

  強い台風20号は20日午後3時現在、南大東島の南西約240キロを時速20キロで北北東に進んでいる。台風は今後、勢力を維持したまま暴風域を伴って北寄りに進み、21日明け方に大東島地方に最も接近する見込み。20日午後6時21分、大東島地方に暴風警報が発表された。未明から朝にかけて暴風となる見込みで、沖縄気象台は暴風や高波に警戒するよう呼び掛けている。
  
  沖縄本島地方には20日夕から夜遅くにかけて最接近する見通し。21日午後3時には種子島の南東約230キロに達し、その後温帯低気圧に変わり四国・近畿地方に近づく見込み。
  
  大東島地方では20日夜遅くから非常に強い風が吹く。本島地方では北東の風が強く吹いており、21日にかけて強風に注意が必要だ。予想される最大風速は、20日は本島地方15メートル(最大瞬間風速25メートル)、大東島地方23メートル(35メートル)。21日は本島地方15メートル(25メートル)、大東島地方25メートル(35メートル)。大東島地方では20日夜のはじめごろ暴風警報が発表される見込み。
  
  本島地方と大東島地方では21日にかけて多いところで1時間に30ミリの激しい雨が降る見込みで、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に十分な注意が必要。台風の進路によっては、本島地方では警報級の雨が降る恐れがあり、21日午後6時までの24時間に、多いところで80ミリの雨が予想されている。
  
  台風は20日午後3時現在、中心気圧が975ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル。中心から半径70キロ以内は暴風域、半径220キロ以内は風速15メートル以上の強風域となっている。
  
  19日夜に、日本のはるか南で発生した台風21号は20日午後3時現在、トラック諸島近海を時速20キロで西北西に進んでいる。今後、勢力を強めながら北寄りに進み、25日には関東地方に近づくとみられる。【琉球新報電子版】









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • ご案内