くらし

大東島が暴風域に 台風20号 沖縄本島も強風

 強い台風20号は20日午後9時現在、沖縄県南大東島の西南西約140キロを時速20キロで北北東に進んだ。気象庁は同日午後6時すぎ、大東島地方に暴風波浪警報を発表し、21日未明から朝にかけて暴風や高波への警戒を呼び掛けた。同日には風速25メートル以上の暴風域を伴って奄美地方に接近する恐れがある。

 沖縄気象台によると、20日午後9時現在の台風の中心気圧は980ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートルで中心から半径70キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。また中心から220キロ以内で風速15メートル以上の強い風が吹いている。

 21日午前9時には勢力を保ったまま大東島地方を通過し、奄美市の東約160キロに達する見込み。沖縄本島地方は20日朝に一時強風域に入ったが、日中に抜けた。ただ、気圧の傾きの影響で強い風が吹きやすい状態が続いており、突風や竜巻に警戒を呼び掛けている。

 気象庁は20日午後6時すぎに大東島地方に暴風波浪警報を発表。県によると、北大東村と南大東村でそれぞれ避難所1カ所を開設。北大東村で270世帯・558人に、南大東村で649世帯・1295人に避難準備を呼び掛けた。









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • ご案内