地域

元村長は105歳 「離れても村民の幸せを願わない日はない」 誕生日会で故郷の発展願う

105歳の誕生日会で親族らに囲まれ穏やかな表情を浮かべる元宜野座村長の与儀実清さん(前列左から2人目)=13日、沖縄市の美里の杜カシータ

 【宜野座・沖縄】宜野座の皆さんお元気ですか―。11日に105歳になった元宜野座村長・与儀実清さんの誕生日会が13日、沖縄市の老人ホーム「美里の杜カシータ」で開かれた。親族ら約20人が駆け付け、長寿を祝った。与儀さんはあいさつを求められるとマイクを握り「感謝の念でいっぱいだ。故郷の宜野座村の繁栄も遠くから祈念申し上げたい」と力強く語った。

 与儀さんは1914(大正3)年生まれで宜野座村宜野座出身。「年齢を意識しないこと」が長寿の秘訣(ひけつ)だと語る。食にこだわりはないが、野菜嫌いのため、青汁を飲むことが日課だという。

 同じホームに入所する妻の千代さん(92)と1947年に結婚。現在までに子6人、孫9人、ひ孫10人、やしゃご1人に恵まれている。

 誕生日会では、千代さんとともにくす玉を割り、「105歳おめでとう」と書かれた大きなケーキが運ばれ、親族やホーム職員、入所者らから「おめでとう」と声を掛けられると笑顔を見せた。与儀さんは「これからも大過なく一年一年を過ごしたい」と話し、また村長を務めた宜野座村へも「離れても、村民の幸せを願わない日はない」とエールを送った。









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • ご案内