社会

つつが虫病3人発症 沖縄県が注意呼び掛け 治療が遅れると死亡も

ツツガムシ(県衛生環境研究所提供)

 県地域保健課は22日、病原体を保有するダニ「ツツガムシ」に刺されてつつが虫病を発症した患者が11月に3人確認されたと発表した。治療が遅れると死亡する事例もあることから、県は注意を呼び掛けている。

 3人はいずれも宮古島市在住の女性。11月1日に2人、13日に1人がつつが虫病と診断された。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス