スポーツ
釣りへ行こう

ハリス14号で77キロのカンナギ

1月30日、ナークゾネで77キロのカンナギを釣った多宇剛さん(KYOEIⅢ)

 石垣島在住の多宇剛さんは11月30日、沖縄本島に出て来たついでに、KYOEI3の船長と2人でアカマチ狙いに出掛けた。悪天候の中、2時間ほどでナークゾネに到着した。

 多宇さんはいつもアカマチ仕掛けの下から2番目の針にはムロアジや、ガチュンを掛けて大物を狙っている。

 これまで10~20キロのミーバイを釣り上げた実績があり、この日も15センチほどのガチュンを掛けて2投目の仕掛けを入れた。しばらくすると、竿(さお)が「く」の字に曲がり、リールから50メートルほどラインが引き出される。ハリスが14号、針はシルイユーの11号と細仕掛けなので無理はできない。

 出しては巻いてを繰り返し、30分かけてじわりじわり巻き上げていると、70メートルの水深からラインが斜めに浮いて来て、目の前に見たことの無い大物が浮いた。

 思いがけない大物に喜んだが、それからが大変。2人で30分かけて船に引き上げたのは77キロのカンナギだった。KYOEIⅢ(電話)090(3792)7739

 7日から8日にかけて西崎漁港を会場に第7回ソルブレチヌ懇親釣り大会が開催された。主な結果は次の通り。

▽1位石川直也 5匹4・22キロ
▽2位渡嘉敷大輔 5匹3・89キロ
▽3位濱川翔伍 5匹3・09キロ

 (おきなわ釣王国社・仲栄真修)


12月7日、5匹で総重量4.22キロを釣って第7回ソルブレチヌ親睦釣り大会で優勝した石川直也さん

11月24日、西表島で71センチ・4.5キロのアカジンを釣った前泊健太さん(チームMEHK)


11月9日、浜田漁港で45センチ・2キロのシマアジを釣った中学1年生の並里健太郎さん

12月15日、佐和田の浜で68センチ・4.2キロのタマンを釣った伊志嶺海晴さん(ツインズ)


12月13日、国頭海岸で58センチ・4.05キロのガラサーミーバイを釣った久場久竜さん

12月11日、海野漁港にて103センチ・14.4キロのロウニンアジ、58センチ・2.5キロのタマンを釣った眞謝貴之さん


12月15日、宜名真沖で1メートル・17.34キロのアーラミーバイを釣った上原聖也さん

12月15日、慶良間沖で56.5センチ・2.12キロのアカジンを釣った渡真利捺紀さん


12月10日、泡瀬海岸で41.5センチ・1.3キロのチンシラーとミーバイを釣った田島快飛さん

12月14日、慶良間の磯で2~3キロのカツオ10匹他ツムブリを釣った久場壮一郎さん(めじな会)


釣りへ行こう
関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス