政治

「辺野古は『旧』基地」「えたいの知れない集団が沖縄を牛耳っている」 仲井真弘多氏、自民集いで移設推進呼び掛け

仲井真弘多氏

 自民党沖縄県連最高顧問の仲井真弘多元知事は7日、那覇市内のホテルで開かれた県連の新春の集いに出席し、米軍普天間飛行場の危険性除去のために名護市辺野古への移設を「推進」しようと呼び掛けた=写真。県連は辺野古移設「容認」の立場で、仲井真氏の発言内容は県連の立場と異なる。

 玉城県政や辺野古移設に反対する市民らが辺野古「新基地」建設という言葉を使っていることについて「私が県にいた時、あれは『新』じゃない。基地機能を移し、土地も半分以下になる。『旧』基地だと言っていた」と述べ、あくまで普天間飛行場の機能移転との認識を示した。

 辺野古移設の呼び方を巡り玉城デニー知事はさまざまな場面で「強襲揚陸艦などが係留できる護岸機能を付与し、弾薬搭載エリアなど普天間にはない機能を持たせる基地は『新基地』だ」などと指摘している。

 仲井真氏は玉城県政を支える「オール沖縄」勢力に対し「えたいの知れない集団が沖縄を牛耳っている」とも述べた。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス