スポーツ

19日にNAGOハーフ 9時スタート 名護市内各地で交通規制

 【名護】第61回NAGOハーフマラソン(主催・同実行委員会、共催・名護市、市教育委員会、市体育協会、沖縄陸上競技協会、琉球新報社)が19日、名護市陸上競技場を発着点に開かれる。羽地内海を巡るコース(21・0975キロ、日本陸連第3種公認)と10キロ、3キロの各種目に2898人が出場する。

 出場人数はハーフが2211人、10キロが377人、3キロが310人。午前9時の10キロコースから順次スタートする。

 市内各地で交通規制がある。名護東道路バイパスは19日午前9時から11時半まで全面通行止めになる。




関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス