経済

携帯充電器を気軽にレンタル ファミマ296店でサービス開始 沖縄のベンチャー

 インターネットベンチャーの琉球インタラクティブ(宜野湾市、臼井隆秀社長)は20日から、沖縄ファミリーマートの店舗などで携帯バッテリーをレンタルできる「充電GO!」のサービスを開始した。県内のファミマ296店舗に専用の機器を設置し、スマートフォンの充電に使える携帯バッテリーを貸し出す。

 充電GO!は専用のアプリケーションをインストールし、会員登録をすることで利用できる。アプリで近くの充電GO!貸出場所を検索でき、沖縄ファミマなどにある専用機器のQRコードを読み込むと、携帯バッテリーが取り出せる。

 利用料金は1時間100円、24時間200円で、その後は1日ごとに100円が加算される。コンビニのほか空港やモノレールの駅など県内で約千カ所への展開を予定する。

 沖縄ファミマでは、キャラクターデザインのDOKUTOKU460(那覇市、城間英樹代表)のイラストが描かれたバッテリーを貸し出す。臼井社長は「観光客だけではなく県民にも活用してもらえるはずだ。県外の観光地にもサービスを展開したい」と目標を掲げた。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス