社会

被災地から支援への感謝と今を伝える 岩手日報が特別号外配布 きょう正午から那覇市内で

東日本大震災9年をテーマにした岩手日報特別号外

 岩手県の県紙「岩手日報社」(東根千万億社長)は東日本大震災から9年となる11日、震災復興の今を伝える「特別号外」を同日正午から那覇市のパレットくもじ前とサンエー那覇メインプレイス前で800部配布する。岩手日報の特別号外の配布は2012年から始まり、今回で9回目。沖縄県内では初めての配布となる。特別号外の配布を全国各地で実施し、支援への感謝と復興の現状などを伝えている。琉球新報社のほか、県立図書館や那覇市役所、石垣市役所などにも届ける。

 今年の特別号外は12ページで、発行部数は約1万4千部。同社の社員が街頭で直接紙面を届けるほか、岩手日報と琉球新報、沖縄タイムスなど、配布先となる各県の新聞社のホームページでも紹介する。

 岩手日報社の特別号外のリンク先はhttps://ryukyushimpo.jp/news/entry-1087824.html



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス