社会

誰も泳がない海開き? 日本最南端の行事も今年は新型コロナで縮小

八重山の海開きを宣言する第40代ミス八重山=14日、石垣市川平の底地ビーチ

 【石垣】「日本最南端!八重山の海びらき2020」(八重山ビジターズビューロー主催)が14日、石垣市川平の底地ビーチで開かれた。新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため規模を大幅に縮小しての開催。八重山の夏の本格的な幕開けを前に、海の安全やコロナウイルスの早期終息を願った。

 14日午前9時の石垣島の気温は18・9度で、時折雨もぱらつく肌寒さを感じる天候の中、神司が主催者役員らと今年の海の安全を祈願。第40代ミス八重山が海開きを宣言した。

 例年は関係者によるテープカットの後、子どもたちが一斉に海に飛び込んでいたが、今回は一般入場が制限されたため、誰も泳がない海開きとなった。第41代ミス八重山の発表などが行われた。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス