くらし

南城市社協に食料100箱 協賛企業から計4万個支援物資 りゅうちゃんランチサポート

物資提供を受け笑顔を見せる南城市社会福祉協議会の(左から)島袋春美さん、佐久間有史さん、福地直美さん=19日、那覇市泉崎の琉球新報社

 琉球新報社とNexSeeed沖縄校が実施する「りゅうちゃんランチサポート」で集まった食料品など約100ケースが19日、南城市社会福祉協議会に贈られた。食料は市内の「子どもの居場所」で食事に困る子どもたちに届けられる。

 市社協は市内2カ所にある子どもの居場所「ほっとハウス」で子どもたちが食事や勉強をする場を運営している。相談支援員の島袋春美さんは「夕食やおやつに提供したい」と感謝した。

 ランチサポートには18企業が協賛し、19日までに計4万個の食料品などの支援物資が集まった。同日は南城市社協ほか8カ所の子ども食堂運営者が計3164個の食料品などを受け取った。

 19日までに延べ92団体に約2万5500個の物品が支給された。

   ◇    ◇

 配布希望の「子ども食堂」運営団体は下記QRコードから申し込みフォームにご記入ください。


クリックでも申し込みフォームへ移動できます


関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス