経済

観光客激減で沖縄のレンタカー会社が倒産 新型コロナウイルスの影響 負債額3億9千万円

 沖縄県内でアクアレンタカーを展開するニューステップ(那覇市、新垣弘行代表)は23日、那覇地方裁判所に民事再生の申し立てをした。

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で台湾客を中心に利用者が激減したことにより、売り上げが大幅に落ち込んだ。東京商工リサーチ沖縄支店によると、新型コロナ関連の民事再生申し立ては県内初という。

 同社の1月末時点の負債総額は約3億9千万円。従業員の雇用は維持し、事業を継続したまま会社の再生を目指す。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス