国際

【島人の目】銃声の聞こえない戦争

 新型コロナウイルスに急襲されたイタリアは国家の存亡を懸けて厳しい戦いを強いられている。突然の危機は2020年2月21日から23日にかけて起こった。

 北イタリアの小さな町でクラスター(小規模な感染者の集団)の存在が明らかになり、それは患者が入院した病院での院内感染も伴っていた。クラスターはすぐに爆発的感染流行いわゆるオーバーシュートを招いた。オーバーシュートはその後止めどもなく発生し、イタリアは中国の武漢にも勝るとも劣らないCOVID19地獄に陥った。

 2月21日までのイタリアは、武漢からの中国人旅行者夫婦と同地から帰国したイタリア人男性3人の感染者をローマでうまく隔離し、世界に先駆けて中国便を全面禁止にするなど、新型コロナウイルスとの戦いでは余裕しゃくしゃくと言ってもいい状況にあった。当時はクルーズ船を含めて80名前後の感染者を抱えていた日本の方がイタリアよりもはるかに深刻な状況に見えたのである。

 イタリアの不運の一つは、疫学調査上「0号患者」と呼ばれる感染者集団内の最初の人物を特定できないことだった。当時の状況では0号患者は中国への渡航歴のある者でなくてはならない。だがクラスター内の最初の患者は中国へ行ったことがない。彼は0号患者の次の患者、つまり「第1号患者」にすぎなかった。

 0号患者は当時も今もイタリアに多い中国人ビジネスマンや移民や観光客だった可能性がある。姿の見えないその0号患者は、第1号患者と同様に、あるいはそれ以上の規模でウイルスを広げた可能性がある。それは将来必ず明らかにされなければならない課題だ。だが今は、悪化し続ける感染地獄から抜け出すのが、イタリア最大・喫緊の問題であることは言うまでもない。

(仲宗根雅則、イタリア在、TVディレクター)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス