社会

琉球大学、共通科目授業の9日開始を延期 23日に

イメージ写真

 新型コロナウイルス感染拡大を受け、琉球大学は8日までに、共通教育科目の授業開始を当初予定の9日から2週間遅らせ、23日から始めると発表した。ただ、専門科目は学部ごとで対応が割れ、9日から開始する授業もある。

 同大の学生有志は、学生らの不安が高まっているとして、大学全体の授業開始延期などを求める要望書を提出している。併せて大学の姿勢を問う質問書も提出しているが8日午後4時の時点で回答はないという。

 人文社会学部、法文学部、工学部は23日から、理学部は5月7日から授業を始める。国際地域創造学部、観光産業学部、教育学部、農学部は4月9日の開始予定は変えないが、対面授業は延期する。医学部も9日の開始を変えず、実習などを除く座学は遠隔授業を行う。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス