地域

与那原町が「保育園の登園自粛を」 新型コロナ感染受け家庭保育可能者に要請

与那原町が通知した保育園登園自粛要請の文書

 【与那原】与那原町は8日、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、町内15カ所の認可保育園を利用する世帯に、家庭での保育が可能な場合、登園自粛を要請する文書を保育施設を通じて通知した。7日に町内の認可保育園の副園長である50代女性がコロナウイルスに感染したことを受けて要請した。自粛要請の期間は町内の小中学校が臨時休校中の9~19日まで。

 町によると町内の認可保育園を利用する保護者から感染のリスクはないかとの問い合わせがあったという。担当者は「子どもたちのコロナ感染を守るために、家庭での保育が可能な保護者の方にはなるべく登園するのを控えてほしい」と話している。一方で「保育施設の利用が必要な方に自粛をお願いするものではない」とも語った。

 幼児教育・保育の無償化対象にならない0~2歳時クラスの保育料については登園を自粛した場合、日割りで免除する。免除は在籍している保育園への欠席日数などの申請が必要となり、保育料もいったん支払い、減免額の決定後に還付する。問い合わせは与那原町子育て支援課・保育所係☎098(945)6520。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス