社会

不発弾処理 沖縄・八重瀬町後原で10日午前10時から

 【八重瀬】町後原の工場建設予定地で見つかった米国製5インチ艦砲弾1発の不発弾処理が、10日午前10時から行われる。避難対象は処理現場から半径88メートルで、4世帯(10人)が避難対象世帯となっている。現地対策本部は後原公民館広場。作業に伴い、同日午前9時30分から避難誘導と交通規制がある。処理作業は午後0時ごろ終了予定。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス