くらし

紅型マスクに注文殺到 琉舞衣装の老舗が手作り「沖縄感じて」

全国から高い注目を集める「津波三味線店」の紅型オリジナル布マスクを着用するモデルら(同社提供)

 三線や琉球舞踊の衣装などを製造・販売する老舗「津波三味線店」(沖縄県うるま市、津波清一社長)が3月下旬に発売した「紅型オリジナル布マスク」が全国の沖縄好きの人たちから注目を集めている。新型コロナウイルスの予防で初めてマスクを製造したが、県内外から注文が殺到し、一時的に生産が追いつかない状況もあったという。マスクは一つ一つ手作りで、3月には約200枚を販売したが、今月に入って注文が大幅に増え、14日時点で約12倍増の2400枚を販売した。

 新型コロナウイルスの感染拡大防止策として県が県外からの来県自粛を要請する中、「沖縄好きの県外客が少しでも沖縄を感じたいと紅型模様のマスクを求めている」と同店が運営する通販サイト「つは琉球店」の津波ちあき店長は説明する。さらに、津波店長は「玉城デニー知事が紅型模様の布マスクを着用している報道が出た後、受注が一気に増え、すごく売れている」と喜んだ。

 「紅型オリジナル布マスク」は7種あり、現在4種が売り切れている。商品を準備でき次第、販売を再開するという。マスクのサイズは、大人用と子供用がある。問い合わせは「津波三味線店」電話 098(973)3997。
(呉俐君)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス