社会

沖縄を「特定警戒都道府県」に 県独自で「緊急事態宣言」も発令へ

 県は20日、新型コロナウイルスの県内での感染拡大を受け、県独自の「緊急事態宣言」を発令する方針を固めた。同日中にも発表し、県民や事業者へ行動制限を具体的に呼び掛ける。さらに政府に対して、重点的に対策を進める「特定警戒都道府県」に沖縄を指定するよう要請することも決めた。同日の対策本部会議で協議し、正式に発表する。

 また県は、国の緊急事態宣言などの影響で経済的打撃の大きい飲食店事業者へ「支援金」と称した現金給付も検討している。額や時期、対象事業者は国の支援策も見据えて判断する。予算規模は数億円規模になる見込み。

 政府はこれまで新型コロナウイルス特措法に基づき、「緊急事態宣言」の対象とした7都府県のほかに北海道、茨城県、石川県、岐阜県、愛知県、京都府の6道府県を加えて13都道府県を「特定警戒都道府県」に指定している。

 県内では19日までに116人の感染が確認され、そのうち3人が死亡した。【琉球新報電子版】

特集新型コロナ 最新ニュースや予防策はこちら



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス