地域

無料弁当800食、大型連休の子たちに 恩納の営業自自粛2店「地元に役立ちたい」

恩納村内の小学生に無料弁当を提供する予定の飲食店「海物語本店」店長の渡邊健太さん(左)と、「OOLOO」店長の與美羽さん=24日、恩納村内

 【恩納】沖縄県恩納村の飲食店2店舗が、ゴールデンウイークの29日から5月6日までの8日間、村内の小学生を対象に弁当を無料で提供する。村名嘉真区にある「海物語本店」(渡邊健太店長)と、谷茶区にある「うちなーバルOOLOO(オールー)」(與(あたえ)美羽(みわ)店長)の両店で毎日合計で100食を予定している。人手の関係で大量に作れないため8日間で延べ800食となる。

 2店舗とも現在は新型コロナウイルス拡散防止のため営業を自粛しているが「日ごろお世話になっている地元に対し、役立つことができれば」と思い、ストレスのたまる小学生に弁当を提供することを考えたという。

 ウイルスの感染を防ぐため、弁当の受け渡しは休業中の駐車場を利用して「ドライブスルー方式」で、到着順に店員が窓越しに保護者に手渡す。

 村内の小学生全員に行き渡るように、一家族当たり2個まで。来店は期間中1回に限る。

 両店はグループ会社で、この2店を含め3年前から県内で7店舗を展開している。地域ごとに貢献できることを企画している。

 弁当を提供する対象者は、恩納村内の小学校に通う小学生で、毎朝午前11時からなくなり次第終了する。車以外での受け渡しはしない。

 両店とも国道58号添いにあり、ホテルハレクラニ斜め向かいとリザンシーパークホテルの斜め向かいにある。
 (小山猛三郎通信員)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス