地域

出来たて弁当 ドライブスルーで 那覇「しまぶくろ」好評です

車まで弁当を運ぶ原永真紀子さん(左)と受け取る桶川美晴さん=17日、那覇市牧志

 【那覇】那覇市牧志にある飲食店「伊江島 食の家 しまぶくろ」では、電話予約の後に時間を合わせ車中で弁当を受け渡すドライブスルーテークアウトが人気を呼んでいる。

 店は2016年に開業。夜間中心の営業をしていた店主で伊江島出身の島袋徳明さん(56)は「コロナの影響で売り上げが9割減少した」と悩んでいたところ、パートナーの原永真紀子さん(45)のアイデアで営業形態を変更した。

 ソーシャルディスタンス(社会的距離)を保つためクバの葉で編んだカゴで現金と弁当の受け渡しを行い、3密を防ぐ手法が喜ばれている。

 17日に店舗のSNS情報を見て、日替わりメニュー「オオタニワタリのチャンプルー弁当」などを受け取りに来た浦添市の桶川美晴さんは「外食にも行けなくてストレスがたまっていたが、お互いに安心できる思いやりのあるシステムだ」と喜んだ。原永さんは「6割以上がドライブスルー希望者。非常時に人(お客さま)の優しさを感じる」と感謝の意を述べた。

(喜納高宏通信員)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス