経済

ホテル売買をマッチング スターリゾートが開始

 ホテル開発、運営のスターリゾート(那覇市、佐々木優也社長)は4月30日、ホテルや旅館などの宿泊施設に特化した売買マッチングサービス「M&Aホテル」を開始した。

 売り手と買い手が希望する条件などをそれぞれ登録する。売り手は掲載料や成約手数料などの費用がかからず、買い手も契約が成約した時のみ売買金額の3%を手数料として支払う。

 同社によると、投資ファンドや県外のホテル事業者などから、ホテル買収について数十件の相談を受けてきたという。売り手側も、新型コロナウイルス感染症の影響で業績が悪化し、キャッシュの早期確保や事業再編成を急ぐ企業が増えているという。担当者は「リサーチ時間を短縮することができる」と話した。

 事前登録を受け付けている。問い合わせは同社のメールアドレスinfo@starresort.co.jp



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス